甲州市勝沼ぶどうの丘

―ワインのオーナー制度―

ワイン 味も香りも、自分好みのワインを作ってみたい。
「かつぬまワインクラブ」はそんな愛飲家の夢を実現しました。
メンバーはクラブ選定の栽培農家・醸造会社から、それぞれお気に入りの業者とオーナー契約を結ぶことができます。


自分だけの葡萄畑とオリジナルワインがつくれるメンバーズクラブです。
かつぬまワインクラブは、ぶどう栽培に最も適した土地と気候の勝沼町が、全国ではじめて国税庁の認可を受けて発足した“信頼とおいしさ”が自慢のオリジナルワイン制度です。
オーナーとぶどう栽培農家、醸造家がそれぞれに契約を結び、契約、醸造、熟成にいたるまでのワイン醸造プロセスを提供するシステムです。


原料は厳選された契約農家が栽培
クラブに登録されている農園は、過去の栽培実績などから選び抜かれた区画を限定。勝沼の地で長年にわたり栽培を行ってきた契約農家により、糖度が高く、良質な甲州種ぶどうを、オーナーのために大切に栽培しています。
区画が決まったら、農園訪問でコミュニケーションをはかったり、収穫に参加したりと、たっぷりオーナー気分が味わえます。



自分好みのワインを選べる
同じ畑で収穫されたぶどうでも、醸造家によって味と香りが異なります。自分好みのワインを選ぶために、登録醸造メーカー12社の中から、6社のテスティングワインが送られます。
甘味、酸味、辛さ、うまみ、渋みを吟味のうえ、お選びいただきます。
また、契約したメーカーの工場見学も楽しめます。


保管は地下貯蔵庫で大切にお預かり
長い時間をかけて仕上がったワインは、契約メーカーの貯蔵庫で大切に保管され、4月の出庫祭の翌日以降であればオーナーの都合に合わせて、一括でも少数でも希望する日に出庫いたします。
原則として現地お引渡しですが、ご依頼によりオーナー様宅、メンバー様宅の他、お中元、お歳暮ご進物等の贈答用の発送も承ります(送料別途)。

仕上げは完全オリジナルで
■ラベル
 ラベルデザインは自由。サンプルの中から好みのラベルをお選びいただきお名前をお入れすることもできますが、ご自身でデザインされた完全オリジナルラベルをお作りになるオーナーさんも多くみられます。(実費がかかります。)
■ボトル
  勝沼産100%だけに許された“勝沼ボトル”を使用します。原料栽培地の確認と加工後の品質が優れているものだけが使用できる限定品です。
■キャップシール
 世界中のワイナリーでも全く使用されていない特別な色を配合した、本格的なオリジナル仕上げとなっております。


1.契約価格と商品の数量
●1区画・・・・36万2,300円
720ml詰 230本)
1/2区画・・・18万6,150円
(720ml詰 115本)
◇税込み。原料ぶどうの育成からワイン加工まで、全ての費用を含みます。
(ただし、税法改正等により増税が発生した場合は、別途負担いただきます。)

 ・ぶどう畑の育成
  1区画当たり132uの面積で甲州ぶどうを育成し、280kgのぶどうを収穫します。
 ※自然災害等で収穫量が基準を下回った場合は基準量を保証致します。
 ・ワインの醸造
  720ml 230本(1/2区画115本)のワインに仕上げる。
 ※ワインの引渡しは原則として現地渡しです。送付を希望の場合は実費を負担いただきます。
 ※ワイナリーでの長期保存にも応じます。(3年を限度。保管料別途。)
2.契約は個人、法人、グループ共、ご希望の区画数にてお申込みいただけます。
3.全体イベントを年2回(秋・春)開催予定です。

<申し込み要領>
申し込みをご希望の方は事務局へご連絡下さい。折り返し申し込み資料をお送り致します。
資料に添付のお申込みハガキに所定の事項を記入してクラブ事務局に送付し、指定の振込金融機関に契約金をお振込いただきます。
申込書と契約金の到着をもって正式受付とさせていただきます。
※申し込み前に現地のぶどう畑を見学なさりたい場合は事務局にご連絡ください。

 



■本部事務局
〒409-1302 甲州市勝沼町菱山5093(甲州市勝沼ぶどうの丘内)
担当: 澤登、吉田

電話 0553−44−2111

FAX 0553−44−2341

▲TOPページへ戻る

Copyright(c)2003 Budounooka All Rights Reserved.