概要・沿革

 甲州市勝沼と長野県小諸市の2つの拠点で、日本トップクラスの高品質なワインを造るワイナリー。
 「日本のぶどうによる、日本のワイン造り」を追求するこちらのワイナリーは、1962年の設立以来ぶどう栽培から醸造に至るまで徹底した研究をかさね、今や日本ワインを牽引するワイナリーのひとつです。

畑・醸造

 こちらのワイナリーの品質を支えるのは、高い技術と豊富な知識を持つ造り手たちの存在。
 本場フランスやドイツ、オーストラリアなどに留学した醸造家も多く、日本人では数少ないフランス国家資格醸造士取得者も在籍しています。
 その高い技術力によって生み出されるワインは、数々の国内外のワインコンクールでの受賞歴や国賓級VIPを招いた席に供された実績をもち、世界の銘醸ワインに迫る品質を誇っています。

ワインについて

 世界のVIPをも魅了する上質なワインから気軽に楽しめるカジュアルなワインまで、バラエティー豊かなラインナップが魅力のマンズワイン。
 2020年には長年培ってきた技術を結集し、従来の甲州種の白ワインとは一線を画す『しふく』を生み出すことに成功しました。
繊細な日本料理にベストマッチするこのワインは、日本の風土・文化が育む味わいを探求するマンズワインだからこそたどり着いた逸品です。

アクセス

住所 山梨県甲州市勝沼町山400

電話番号 0553-44-2285

ホームページ