要・沿革

 「その日が吉日、愉しむワイン」をコンセプトに、土づくりからこだわり、高品質なワイン造りを行っているクラフトワイナリー。勝沼の土地の個性を最大限に生かし、それぞれの畑そのものの味わいをワインに反映しています。

 「ポジティブなきっかけや活力を与える存在でありたい」…日和ワイナリーで造るワインには、そんな想いが込められています。

畑・醸造

 鳥居平地区にある自社畑では、主に甲州とシャルドネを育てています。もともとミネラル豊富な土地を、さらに有機物豊富な土壌に改良するため、炭と乳酸菌を用いたエコバイオティクス農法を実践。

 有害な微生物を抑え、健全な根が育つことで栄養分豊かな実になります。醸造では温度管理を徹底し、低温発酵をすることで葡萄が持つエレガントさを大切にしています。

ワインについて

 代表銘柄の「hiyori 勝沼 小佐手 甲州」は、小佐手地区の厳選した甲州のみを使用した贅沢な逸品。フルーティな味わいの中に奥深しい苦みと渋みが感じられ、和食との相性は抜群。

 特別なおもてなしやギフトにもおすすめです。ワインの他に国産トニックウォーターの開発にも注力。トニックウォーター「kizashi」は清々しい苦みが特長で、ワインカクテルやビアカクテル、ノンアルコールカクテルなど幅広いアレンジが楽しめます。


アクセス

住所 山梨県甲州市勝沼町勝沼2543-3

ホームページ

インスタグラム



※写真、文章等はぶどうの丘オリジナルです。