要・沿革

 公益財団法人日本ケアフィット共育機構が運営するワイナリー。

 「誰もが誰かのために共に生きる社会をめざす」ことを大切に、障害者や高齢者など様々な人が一体となってワイン造りに励んでいます。

 2020年からは、天然酵母を活用したナチュラルワイン造りをスタート。

 農薬はなるべく控え、天然酵母を用いて醸造することで、葡萄が持つ本来の味わいを引き出したワイン造りを実現しています。

畑・醸造

 勝沼にある自社畑で、甲州とマスカット・ベーリーAにこだわり、土づくりから醸造に至るまですべての工程を手作業で、丁寧に行うケアフィットファームワイナリー。

 醸造においても、酸化防止剤、清澄剤を極力控え、補糖せずバランスのよいワイン造りを心がけています。体に優しいワイン造りは環境保全に繋がり、次世代を担う子どもたちを守ることにも繋がると信念を持っています。

ワインについて

 人気銘柄である「Naked Kohaku 2020~ネイキッド コハク 2020」は、自社農園の甲州ぶどうを100%使用し、皮ごと醗酵・熟成、無濾過で仕上げたオレンジワイン。

 バランスのよい渋みと飲むほどに感じる奥深さが魅力。日本食はもちろん、幅広いジャンルの料理とのマリアージュも楽しめます。

アクセス

住所 山梨県甲州市塩山赤尾650

電話 0553-39-8681

ホームページ


※写真、文章等はぶどうの丘オリジナルです。